学術講演会

第41回日本自然災害学会学術講演会およびオープン・フォーラムのご案内

実行委員会委員長 里深好文
学術講演会部会
2022年9月18日(日)~19日(月・祝)
9:00~17:30(予定)
オープンフォーラム
2022年9月17日(土)
14:00~17:00(予定)

オープンフォーラム
巨大水害がやってくる ~今できること,やるべきこと~(仮題)

 球磨川水害,西日本豪雨,九州北部豪雨と毎年のように巨大な水害が発生している。
 気候変動に伴う気象の極端化がその要因といわれているが,被害を軽減するための具体策が明確になっているとはいいがたい。地域・流域の特性に応じたハード面・ソフト面両方からの災害対応が不可欠であり,異なる分野間の連携の重要性も増している。被災地域の実態を知るとともに,現時点で何ができるのか,何が有効なのかを議論し,被害の軽減に役立つ情報を発信する。
 フォーラムには日本自然災害学会の研究者ばかりでなく,教育関係者,行政関係者等広く一般からも参加いただき,多角的に復興状況と次の防災・減災に向けた記憶の継承,まちづくり・地域づくりの取り組みについて議論を行う。

日時:
2022年9月17日(金) 14:00~17:00(予定)
場所:
立命館大学 びわこくさつキャンパス エポック立命21>>アクセスマップ
(立命館大学がBCPレベルを3以上とした場合,キャンパス内の施設が使用できなくなります。この場合,オンライン開催に変更します。)
参加費:
無料
連絡先:
第41回日本自然災害学会学術講演会オープンフォーラム実行委員会
 立命館大学 里深好文
 TEL 077-561-5840 FAX 077-561-5840
 E-mail:satofukase.ritsumei.ac.jp
共催:
日本自然災害学会,京都大学防災研究所,立命館大学,一般財団法人防災研究協会

第41回学術講演会のご案内